■Twitter始めました!

アカウントはparanmadanです。

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■ぱらん会員リンク
■特別リンク

李賢淑先生のブログ 

~ポジャギと伝統料理の文化散策 ~

(ソウルのポジャギの先生です)

■”ぱらん まだん”

E-mail / paranmadan@gmail.com

■人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
9月8日 終盤戦 
9月8日 工事も終盤戦 kanaレポ

今日の現場はたくさんの人で賑やかでしたヨ。
9/10のお掃除会を前に床が傷つかないように覆っていた厚紙をはがず作業からスタート。
蠎・_convert_20090910101834
 施工会社の社長自ら!

そして、真新しい床に早速掃除機をかけているところです。
蠎・_convert_20090910102037
 見学者の女性もたくさん、お掃除も軽やか~

玄関には素敵な照明がつきました。

縺ァ繧薙″1_convert_20090910102242

髮サ豌・_convert_20090910102327


キッチンもほぼ完成。ふたつあるシンクのうちのひとつはお鍋など大きな物が洗いやすいように伸びるタイプになってます。
問題の冷蔵庫は、、、天井を切ってなんとか冷蔵庫を切らずにすみました。緑のテープはボンドが渇くまで貼っておくそうです。
小さい方のキッチンもさらにキレイになりました。
ちなみに流し台の前に置いてあるのは“カボチャ”。川本家でできたカボチャは見事な大きさです。

  ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
こちらの文章に対する写真が迷い込んでしまって見つかりません。翌日レポにてご想像願います。



ヨガルームも進化中。慎重にサイズを測って、ピクチャーレールが取り付けられました。ここはギャラリーとしても利用するつもりです。
螢・_convert_20090910111759

螢・_convert_20090910111704
 開口部の上にも設置

庭の壁が白くりました。そしてその壁には・・・

最後の写真は、まだの入っていないお茶室(和室)から見た様子でした。
IMG_1311_convert_20090910111601.jpg


kana

 小文字→ひゃんり

OPEN まで&進化の様子 | 09:51:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月7日 配管設置!
9月7日 kanaです

今日は、ガス屋さん が来て作業中です。
プロパンガスを使うことになりました。

そのガス屋さんの道具作業風景です。
GetAttachment[1] (2)

GetAttachment[1]


そろそろ改装工事も終了間近^^
作業をしてくださってるみなさま本当にありがとうございます。

カメラを忘れ携帯で撮った写真なのであまり鮮明ではないですね。


OPEN まで&進化の様子 | 09:50:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月3日 問題発生!
9月3日 問題発生!

昨日、現場でひゃんりちゃんとの雑談中に冷蔵庫の話になりました。
冷蔵庫は大工さん作のキッチンの隣に
ちょうどいい感じでもとからあったスペースに収まる予定だったんです。

ひゃんり「冷蔵庫の大きさって確認してますよね?」
kana(私)「うん、ちゃんと幅は測ったし、大丈夫だったよ^^」
ひゃんり「高さは?最近の冷蔵庫って大きいんですよっ」
kana(私)「・・・・、汗(絶句)」
なんだか嫌な予感が。
家に帰って冷蔵庫を見た瞬間に、嫌な予感が現実だったことを知ってしまいました!!!

そして、さらにもうひとつ大きな問題が!!
お料理教室用にナカ先生にアイランドキッチンを調達していただくことになっていますが
置き場所のスペースの大きさが3㎝ほど足りそうにありません(汗)
只今、アイランドキッチンの大きさを再確認してもらっているところです。
どうぞ、神様がいてくれますように。。。

kana

OPEN まで&進化の様子 | 09:40:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月2日の様子
9月に突入しました~!
朝夕が着実に涼しくなってきています。

ヨガの帰りに kana氏 と 寄ってきました。
この日は工事はありませんでしたが、やはり前回8月31日からは変化しているので報告いたします。

まず左官工事が終了した全貌をどうぞ

IMG_7143_convert_20090907195623.jpg
玄関から入った位置です。やっと家っぽい~!下に敷いていた紙類が取り除かれてるせいですね。
正面のは台所の扉兼階段封鎖用扉。上の板とセットで階段を封鎖。
以前お茶室使用時、冷暖房が二階にいかないようにと工夫されたもの。

IMG_7146_convert_20090907200138.jpg
洋間フローリング室
この洋間と玄関は、漆喰の表情が同じ”ひっぱり仕上げ”です。 

IMG_7147_convert_20090907200221.jpg
洋間(ヨガルーム)から和室を見たところ。
ここも後は、畳や襖が入るだけ!
欄間鴨居と欄間敷居の間の壁(欄間の下の壁)がまるで、”歯”みたいに真っ白ですね

IMG_7152_convert_20090907200324.jpg
ひとつ前の写真の右手は、階下押し入れです。
増築された際、階段スペースにあてられ斜めです。
襖がなくって、スースー丸見えです。
押し入れ右隣の壁は、漆喰イグサを吹き付け仕上げしたものです。決して汚れではありません。

IMG_7163_convert_20090907200520.jpg
反対側、左壁は床の間ですね。こちらの壁も・・・漆喰イグサを吹き付け仕上げしたものです。
  白くて美しい漆喰の壁々でした。

IMG_7162_convert_20090907200430.jpg
和室のおまけは、天井です。どの家庭でもよく見られるはぎ方ですね。
板と板のつなぎ目が凹んでます。天井板のはぎ方→敷目板 
この隙間の奥の板、ここの釘を打つので表面には見えません。
釘を隠すためのに、天井板に工夫がされているのです。


さて、前回配管について語りましたが・・・・現場に来て確認したところ・・・・訂正です。

よ~く考えたら、ここはキッチンなのでS・Pトラップは使用しませんね
配管はそれぞれまっすぐ床に向かっています。

IMG_7151_convert_20090907195052.jpg
配管は3本です。手前に太い管。奥に2本。

IMG_7150_convert_20090907195151.jpg
手前は、排水用の管です。
取り付けられるシンク排水口の屑かご?は非サイホン式水封トラップ・わん形(ベル形)です。
非サイホン式とは、自浄作用がなく、お掃除が必要であること。他に浴室床排水などに多用されます。

奥の2本は、給水管です。湯と水用2本の給水管です。
湯と水を混合して温度をコントロールする給水栓を混合水栓といいます。
そして、今回使用するのは、下↓の写真からわかるように、シングルレバー混合水栓です。
吐水と止水を繰り返して行うキッチン用水栓として最適。
JISで下げ止水に規格統一されています。
IMG_7145_convert_20090907195536.jpg
これが二つシンクに設置されます。

水回りつながりで・・・・お風呂場です。

IMG_7154_convert_20090907200608.jpg
風呂釜は取り払われていました。そして、シャワーが付け直されました。
サーモスタット混合水栓のようです。好みの温度をダイヤルで設定するとサーモスタットで湯温が自動調節される。熱湯が一気に吹き出す恐れがないのでシャワーに適しています。

IMG_7156_convert_20090907200658.jpg
お風呂場の天井・・・を見ると穴をふさいだ跡が・・・もしや昔煙突だったのでは?(推測です)
漆喰です。(防カビ性を目のあたりにしました!ブラボー)

お次の水回りと言えば・・・そう”はばかり”(お手洗い、お便所)です。

IMG_7168_convert_20090907200747.jpg
便座は取り換え予定です。

IMG_7170_convert_20090907200846.jpg
”はばかり”入口のお手洗い場
床に注目してください。古いお宅にいくとよく見ましたよね?この石を埋め込んだの。
テラゾー仕上げですね。


さて、2階の洗面台も、もう一度!

IMG_7158_convert_20090907201039.jpg
ここの配管は床に向かっています。なので、S形トラップです。

IMG_7160_convert_20090907201127.jpg
上からの表情です!
土台があるので、色が濃く見えますね。


最後におまけです。

IMG_7171_convert_20090907200936.jpg

玄関にある分電盤です。そう、ブレーカーがある場所です。
右の三つの分電盤は今回新しく設置されたものです。洋間の照明用のようです。

以上先週の様子でした。

今週は大掃除も予定しています。きっとまた変化しているでしょうね!
本当に本当に後は、畳や襖が入り、照明が入り・・・。
もう間もなく改装が終了ですね。それまで、ひゃんりのレポートお付き合いくださいませ




OPEN まで&進化の様子 | 00:01:13 | トラックバック(0) | コメント(2)
8月31日 水道工事
8/31 の kana氏からの写真とレポをお送りします~



夏休みも今日で終わり。
あっという間に9月です!


今日は水道屋さんの作業の日だったようです。
もともとあったお台所のスペースに真新しい白のシンクが置かれ、
水道の蛇口も昔からの回すタイプではなく、使いやすいキッチン仕様になっていました。


GetAttachment[2]

補足

直線配列のI型キッチン。ワークトップの高さは今の標準でいくと85センチと思われます。
シンク下は観音開きの収納庫。
つま先がはいる床との接着面が凹んでいますよね。
この部材を台輪といい高さは100ミリ。そして蹴込部(けこみ)の深さは50ミリ以上と決められています。
人間工学により、日本人の寸法から割り出されたものです。
(設計の目安として日本人成人男性身長165㎝、成人女性155㎝)

そして、蛇口ですが多分シングルレバー式水栓です。
現在のレバーはJISにより下げ止水が規格化されています。
      上げたら出て、下げたら止まる。
これ、今は普通ですがちょっと前のはメーカーごとにバラバラだったんです。
聞いたところによると阪神大震災などの災害で、ものが上から落ちてきた時、水が出っぱなしになるということがあったので規格化されたようです。
蛇口を回す→抑える など ユニバーサルデザインにどんどんなっています。
足もとでスイッチを押すフットタイプなんてのもあるんですよ。



そして、新たに大工さん手作りしてくれているシンクの下にはパイプが見えます。
どうして2本ずつなのかをちょっと考えてみました。
上下水それぞれの通り道が別々に必要だから・・・!?
ただ、下水用のパイプってもっと太いような気がしなくもないんだけど、、、


GetAttachment[1]

補足

kana氏正解です!
上下水道は当然管が別々です。一緒って怖い
蛇口の上水道用と、下水(排水ですね)の下水道用です。
排水用は床につながっています。Sのかたちみたいに管がなると、Sトラップといいます。
ちなみに壁につながってる方式はPトラップ
給水管の口径は15、20、25ミリなどで、住宅用は大半20ミリです。
排水管の口径は雑排水用で50~100ミリ、住宅調理流しは40ミリが一般的です。

こちらのワークトップの高さは85センチです(測り済みです)
左がガスコンロ。そして二つのシンク



それはさておき、階段を2階に上がると
洗面コーナーにはステキなガラス製ボールが。
正面にある窓から光が入ってくるのでとってもいいカンジなんです♡
そうそう、“ぱらん”は韓国語で「青」を表す言葉でもあります。
と、いうことは“ぱらん まだん”のイメージカラーはになるなのかなぁ


GetAttachment[1] (3)

補足

おしゃれな飲食店などでよく見かけるタイプですが、最近は一般家庭にも多く見られます。
洗面キャビネットの上に置いて使用する洗面ボウル→置き型の洗面器です。



デジカメを忘れたので、写真は携帯で撮りました。


以上 kana氏の写真とレポ、そして補足は ひゃんりでした。

OPEN まで&進化の様子 | 23:28:31 | トラックバック(0) | コメント(3)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。