■Twitter始めました!

アカウントはparanmadanです。

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■ぱらん会員リンク
■特別リンク

李賢淑先生のブログ 

~ポジャギと伝統料理の文化散策 ~

(ソウルのポジャギの先生です)

■”ぱらん まだん”

E-mail / paranmadan@gmail.com

■人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
韓国旅行記(by Nさん)
2年ぶりの個人旅行でした。
少しだけかいつまんで、レポートしたいと思います。
楽しさを分かち合える連れがいる旅もいいものですが、一人旅も、すべて自分で判断し責任を取らなければならないという緊張感はありますが、自分のことだけ考えられるというぜいたくな時間のなかで、気づきや、より多くの人との触れ合いもあり、疲れた心身もいやされる気がします・・

 今回初めて、福岡国際交流協会(℡733-5630)が紹介してくれたホームステイを初日1泊だけ体験してみました。
プログラムは別になく、宿を提供してくださる・・・というかんじですが、韓国の家庭生活を見ることができるので、もし興味がある方は相談してみてください。
私の受け入れ先は高校の先生ご夫婦で、ご主人は日本語ができて、日本人を週末に引き受けておられるとのこと。朝ごはんは常備菜もふくめ、8,9品全部手作りでした。自分で作る方が安全安心なので、ご主人も外食をあまりしないそうです。食材の薬効も教えてくれました。ほかの主婦の方たちにも聞いてみましたが、食の安全志向が定着しているように感じました。

 李先生の料理教室については、先生のブログにも紹介されているのでそちらを見てくださいね。全部おいしかったのですが、印象に残っているのは緑豆のジョンです。緑豆をよく洗って皮をとり、ミキサーにかけてどろどろにしたものをそのまま味付けなしで、直径7センチくらいに焼きます。酢醤油タレでいただきましたが、香ばしくてほんとにおいしかったです。
 先生はおっしゃいます。宮廷料理も本来、門外不出のところを、最後の宮中料理人に聞き出して記録してくれた方がいたからこそ残すことができたのだから、それを伝えていかなければならないと。同じように北方料理も正しく伝える人がほとんどいない中、実際に母が調理してくれた味を知っている自分が伝えなければならないと。使命と思っておられるようで、文化を伝える・・ということを自分の身の回りをふりかえりながら、考えさせられました。

先生のブログ【ポジャギと伝統料理の文化散策】 のトップ ⇒ こちら


 それから知人が中国茶カフェを新しく海雲台に始めたので紹介します。
台湾から買い付けた質のいい中国茶を入れていただきながら、日本にも住んだことがあり、日本語も流暢なオーナーといろいろな話をするのも楽しいと思います。発酵茶ですから、体にやさしいそうです。
窓からはトンベクの海が見えます。行き方は地下鉄トンべク駅から電話をしてみてください。(日本語OK)

園古茶
釜山広域市 海雲台区 佑1洞 marine city 3rd 37
韓一Ordew513号
tel051-746-3318

DSCF03021.jpg 
DSCF03121.jpg


 そのほかにも貴重な体験をたくさんさせていただきましたが、韓国ってときめきをくれますよね
男女を問わずおもしろいと言ってたドラマは「太陽を抱えた月」という時代劇でした。
みなさんはすでにご存じでしょうね。早く見てみたいです。
 報告以上です。

追 伸 : 月曜日のポジャギの時に作ってみました^^
DSCF03331.jpg
バックハンガーです!

kanaの日記 | 21:40:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。