■Twitter始めました!

アカウントはparanmadanです。

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■ぱらん会員リンク
■特別リンク

李賢淑先生のブログ 

~ポジャギと伝統料理の文化散策 ~

(ソウルのポジャギの先生です)

■”ぱらん まだん”

E-mail / paranmadan@gmail.com

■人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
李先生の料理教室レポート
まだん会員のakiです。

3月10日に李先生のご自宅で料理教室をしていただきました。
当日の様子はtomomiさんが先生のブログで詳しくレポートしてくれています

広蔵市場に近い先生のご自宅のあるマンションです。
地下にフードコートがあり、スポーツジムから美容室、幼稚園まで完備しているというからすごいです!

1[1]


ご挨拶を済ませ、まずは料理の説明を受けました。
ipadを使いこなして説明される姿が素敵です!
tomomiさんが通訳とカメラマンをしてくださり、料理に専念できました。 

2[1]


料理はあらかじめ送ってもらったリストからファンテチムと3種のナムルを選び、
リクエストでケソンマンドゥをお願いしました。
美肌効果を信じて常備しているファンテの汁もの以外のお料理を習いたかったのです。

まずはファンテの下処理から。
頭は出汁に。「ファンテは捨てるところがないですよ」と先生。

3[1]


マンドゥの皮つくり。
キムチが入るのがケソン(開城)マンドゥの特徴。
ピョンヤン(平譲)式より贅沢なマンドゥなのだそうです。

具ができたら、成形です。
片端にまつの実を挿しこむと、ここからスープが入り具に味が染みるのです。
最初はきれいに包めなかったけれど、いくつか作っているうちにコツがつかめてきました。
でも先生のマンドゥの美しさにはかないません

4[1]


小麦粉が体質に合わないとか消化に悪いという人のために皮を作らないマンドゥも教えてもらいました。
(皮を作るのが面倒なときにいいね~と、4人とも気に入りました) 

5[1]


トラジ、ほうれん草、コサリの3種のナムルは、それぞれ味付けが微妙に違います。
もちろんレシピには小さじ○なんて書いてありません。
きちんと野菜に向き合い、舌で判断すること、
そして家族の好みに合わせて調味することが大切だと教えていただきました。

お弟子さんも手伝ってくださり、早い早い~どんどん料理が仕上がっていきます。
分厚くカットした大根の上にヤンニョムに漬けたファンテを並べて蒸し煮します。
味の染みた大根が甘くてとても美味しかったです。

6[1]


約2時間で料理が完成しました。
作った料理以外にもゆでタコや自家製のジャンアチなど次々に並べられ、
まさに 상다리가 휘도록(食卓の脚が曲がるほど)のご馳走です。

7[1]


「ワイン飲む~?」と先生。「はーい」と私たち 
あっという間に、トマトとモッツァレラチーズのサラダが登場しました。

コンベ~
8[1]


大型マンドゥでお腹が膨れながらも、雑穀米+ナムルのビビンバが美味しくて箸がとまりませんでした。

デザートは干し柿のはいったスジョンガと韓菓をいただきました。
9[1]
10[1]


こんなに美味しいハンガは初めていただきました。

前日が先生のお誕生日だったということで、
お祝いのチーズケーキの御相伴にあずかり、もうお腹マックス~

北韓の郷土料理を教えられる先生はソウルでもあまりいないそうなので、
昔のお話などもたくさん聞くことができて本当に貴重な体験でした。

11[1]


李先生、tomomiさん、haruさん、延さん、本当にありがとうございました。
また機会があればレッスンを受けたいと思います。


kanaの日記 | 08:38:30 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
美味しそうですね!!
akiさん
お料理教室のレポートありがとうございますi-175
楽しそうなご様子をみて
私もお料理を習いたくなりましたーi-190
2012-03-16 金 22:14:08 | URL | kana [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。