■Twitter始めました!

アカウントはparanmadanです。

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■ぱらん会員リンク
■特別リンク

李賢淑先生のブログ 

~ポジャギと伝統料理の文化散策 ~

(ソウルのポジャギの先生です)

■”ぱらん まだん”

E-mail / paranmadan@gmail.com

■人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月29日の様子
えっへん!
今日も付近に用事がありそのまま現場へ行きました。

いつ雨が降ってくるのやらと冷や冷やしながら・・・現場見学。
(結局雨は降らなくって良かったです)

不用品はトラックで~搬出されていました。
スッキリでしょ?和室。(写真奥二間です)

IMG_6427_convert_20090729195801.jpg

室内では、庭に面した部屋のフローリングを取り除く作業がされていました。

小さくカットしてはいでいます。
IMG_6425_convert_20090729195551.jpg
 なぜか置き去りにされた炊飯器?が気になりつつも・・・撮影
 作業中のおじさんは素人の質問に親切に対応していただきました。

スッキリした和室で見たものは!!!

床の間です。

お茶室の間取りでの床の間は・・・

下地窓(したじまど)が見えます。(この場合床の間と棚の境の壁から床柱間に作られています)

土壁の一部を塗り残して、下地の舞小(こまい)と呼ばれる格子状に組んだ竹を見せた窓です。小舞には、「煤竹」、「平割竹」、「寒竹」などが用いられ、部分的に藤蔓で結んであります。
IMG_6421_convert_20090729195138.jpg

この左部分の床の間はです。
IMG_6423_convert_20090729195241.jpg

左下の開口部は”炉”の正面にある下地窓です。
その上には棚があります。
床(とこ) とは、座敷において掛物や花入などを飾る場所のことです。
上部は落掛(おとしがけ)といいます。

いずれは清掃して新しい茶の間として復活することでしょう。


さてこの二つの照明器具
とっても和モダンで素敵でしょ~。勝手にお気に入りです。^^

IMG_6428_convert_20090729195846.jpg
こちらは玄関、げた箱上部の照明。

IMG_6429_convert_20090729195925.jpg
そして、廊下の照明。

二つとも繊細な竹細工や籐がさりげなく施されすんなりお茶の世界につながるんです。
先人のさり気ない心配りが感じられます。

こんな”ほっこり”した気持ちで現場を去りました。

本日のレポートも”ほっこり”気分の ひゃんりがお送りしました。







OPEN まで&進化の様子 | 20:24:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。