■Twitter始めました!

アカウントはparanmadanです。

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■ぱらん会員リンク
■特別リンク

李賢淑先生のブログ 

~ポジャギと伝統料理の文化散策 ~

(ソウルのポジャギの先生です)

■”ぱらん まだん”

E-mail / paranmadan@gmail.com

■人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

■リンク
8月25日~26日 左官 
左官職人さん達のお仕事ぶりを一挙公開!

まずは天井担当の親父さん(こう呼んだほうが粋?)
これは下地段階です。天井なので接着剤が壁とは違うそうです。
天井だけで約14畳≒7坪あっという間に塗られていく天井。

IMG_7056_convert_20090827121732.jpg
この天井は見せる天井=骨組みの木材が見える
そして、ぱらんまだんとは・・・ 

IMG_7057_convert_20090827122319.jpg
韓国の古い家屋にあるような天井をもイメージしています。
なので、ここは建築士の方と相談して総漆喰が叶ったんです。
IMG_7058_convert_20090827122224.jpg
柿渋・杉のブラウンと漆喰の白のコントラストが優しくそして暖かい。
TS3H0303_convert_20090829005229.jpg仕上がった天井!
TS3H0302_convert_20090829004354.jpg
境目もきれいに処理され、マスキングテープも剥がされました。

天井作業の細かい作業を笹葉コテでしていた一番若くて背の高いお兄さん(10代?)は、
”腕が手が震えるっす~!” ”ひぃ~”
と声が出ていました。やっぱり天井って大変なんですね。
親父さんは黙々と慣れた手つきでしていましたが、すごい!


次はです。ヨガルームの大きな壁!
IMG_7129_convert_200908272230331.jpg
 ”あいよっ” って声が聞こえてきそうにリズミカルな動きです。
IMG_7134_convert_20090827222755.jpg
IMG_7132_convert_20090827222614.jpg
IMG_7133_convert_20090827222703.jpg

こちらのヨガルーム壁は石膏ボードが下地です。その上に塗壁していきます。
他の和室や玄関は元々土壁。その上に塗壁。体にいいのはやはり土壁ですよね。
もちろんシックハウスの問題があり、ホルムアルデヒドが規制されボードもF☆☆☆☆という規格クリアなものを使用しています。
ボードだと不陸(表面の凸凹具合)がなく滑らかです。
左官(塗壁)不陸を手作業で行います。だから手間がかかるんです。
でもボードに起こるつなぎ目がないので綺麗!
そして、不陸がわかりやすいようにライティングを行っています。もちろん表面仕上げには色々な手法があります!

IMG_7131_convert_20090827223846.jpg
に乗って塗壁中。
左から右へ。下から上に。口の字を描くように塗っていくと教えてくれました。

IMG_7135_convert_200908272231542.jpg
に近づいています。コンセント口の周りも綺麗に塗壁。
TS3H0308_convert_200908290045154.jpg
こちらは反対側キッチンの上部の壁
照明ボックスと同じように仕上げたので、頭を動かしくねくねと塗壁していました。
TS3H0309_convert_200908290045493.jpg


仕上がった天井と壁真っ白で綺麗、明るい^^
(左壁面はまだです)
IMG_7142_convert_20090827221036.jpg

表面に表情があるのがわかりますか?(こういった味を出せるのが左官の魅力でしょうね)
TS3H0305_convert_20090829004427.jpg

アップでご紹介。今回は”漆喰ひっぱり仕上げ”にしたそうです。
TS3H0310_convert_20090829004624.jpg

光でちょっとできる凹凸がいいですね~

この後他の和室や、はばかり(お便所)や浴室・玄関・・・と6人での作業は続いていました。
お聞きしたところ、一階だけの左官作業(壁・天井)で約130平米あるそうです。
もちろんその量の漆喰を使用。
最近では左官をするところはしますが、しないところは全くしないそうです。壁はボード仕上げがほとんど。(湿式工法=左官 に対して、乾式工法=ボードなど)
職人さん達も50代が多く後継者がいないところが多いそうです。もっと需要が増えるといいですね。
今回していただいた先は、若者もいてありがたいとおっしゃっていました。

将来自分が家を建てたり携わる際は、出来たら左官にしたいですね。


『明日もおいでよ~』
『次は○崎だから、おいで~』

な~んて、帰り際に笑顔でおっしゃってくださいました。
次回のぞいた時はもう終了していて、真っ白な漆喰の壁が見られます。
ちょっぴり淋しいような・・・
でも、完成してここぱらんまだんに足を運ぶたびに思い出しそうです!

毎回たくさんの経験をさせてもらえる、そして足を運べる時・タイミングにも感謝です。
ご覧になった方々が少しでも興味が持てると嬉しいです。

                                               ひゃんり

OPEN まで&進化の様子 | 13:08:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad